こんにちは、子ども大学水戸事務局です。

早いものでGW目前ですね。新しい学年の生活にもそろそろ慣れてきましたか?
 
さて、子ども大学水戸では、第5期受講生の一般募集を開始します。1年間を通して、国内外の大学教授や専門家、研究家の先生達が、大学と同じように分かりやすく講義をしていきます。例年通り「全6回の講義」に加え「特別課外+特別講義」を実施する予定です。

本年度は、日本での「ヒアリ」の初確認以来、非常に注目を集めている「外来種生物」に関する講義を皮切りに、世界最高レベルの有人潜水調査船「しんかい6500」の現役パイロットの方による講義や、日々発刊される「新聞」づくりの裏側、日本と海外の両視点から「学ぶこと」「働くこと」を考える講義、、今後の地球環境を考え「ミドリムシ」から食品やエネルギーを作るお話、そして、国際宇宙ステーションで活躍する宇宙飛行士が宇宙環境で適応できるよう地上でどのような準備をするかなど、生物学、海洋工学、社会学、国際学、環境学、エネルギー工学、宇宙医学と盛りだくさんのラインナップです。
また、特別課外授業として、世界の大学ランキングで常に上位に位置しているアメリカのカリフォルニア大学バークレー校やスタンフォード大学の現役大学生による1day English Campや、恒例のつくば市への「先端技術見学ツアー」、年末の特別講義も予定しています。

ますますパワーアップした内容でお届けする「子ども大学水戸」第5期生にぜひご応募ください!

★第5期講義スケジュールの詳細はこちら★

 

応募方法に関しては、「往復はがき」のみの受付となっております。以下の通りに記載して頂き、6月1日(金)必着で応募ください。2016_hagaki

※1)6月1日(金)を締切日(必着)とさせて頂きます。

※2)応募数が定員を超えた場合、抽選となりますことをご了承ください。

※3)記載方法の記入漏れがあった場合、受付できないことがございますので、ご注意ください。

★第5期生の応募方法詳細はこちら★

ゴールデンウィーク明けの5月中旬には、水戸市の小・中学校、および、ひたちなか市、那珂市の小学校の対象学年(小3生~中2生)に、各学校より第5期のチラシが配布される予定です。年間スケジュールやテーマ、申し込み方法以外にも、これまでの講義の様子が掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

また、水戸以外のエリアからの応募も受け付けております。昨年度は日立市や桜川市、つくば市、常総市他、栃木県や福島県などの県外からのお申し込みも頂いておりますので、ご興味をお持ちの方は、お申し込みください!お待ちしております。

★下の画像からも、詳しいちらしがご覧いただけます★

第5期ちらし_おもて

子ども大学水戸第5期チラシ_表
第5期ちらし_うら

子ども大学水戸第5期ちらし_裏